悪人の末路

歴史的な悪人の末路です。
貴方が正しいことをしていれば、認めてくれる人が必ずいます。
泣かないでね!

歴史上の悪人
栄華を誇っていても、人間は死ぬ時までどうなるかわからない。

アドルフ・ヒトラー(1889-1945)
ドイツの政治家。ドイツ国首相であり国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。「ドイツ人こそが最も優秀な民族」だと主張し、ユダヤ人・精神病患者・ロマ人(ジプシー)の大量虐殺(ホロコースト)を引き起こした。
1945年4月30日、ドイツ敗戦目前で相当地下壕の一室にて婦人のエーファ・ブラウンとともに自殺。

ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリン(1878-1953)
ソビエト連邦の政治家、軍人。第二代ソビエト連邦最高指導者として29年間その地位にあった。大粛清と呼ばれるモンゴル人民共和国などで実行した大規模な政治弾圧により反対派・少数民族を大量虐殺した。
1953年3月1日、寝室で脳卒中の発作で倒れた。暗殺を恐れ寝室の施錠を厳重にしていたことで発見が遅れ死亡した。脳内出血と公では報道されているが暗殺説も存在する。

オリバー・クロムウェル(1599-1658)
イングランドの政治家、軍人、イングランド共和国初代護国卿。カトリックで反議会派のアイルランドに侵攻し、各地で住民の虐殺を行い5万人にのぼるカトリック教徒を奴隷にした。1658年にインフルエンザで死亡した。死後、反逆者として墓を暴かれ、遺体は絞首刑の後斬首され、首はウェストミンスター・ホールの屋根に四半世紀に及び晒された。

ジム・ジョーンズ(1931-1978)
アメリカ合衆国のキリスト教系新宗教(カルト)・人民寺院の教祖。南米ガイアナに教団が開拓したジョーンズタウンで、信者を集団自殺させたことで知られる。教団本部とジョーンズタウンでの自殺者は約1000人にのぼり、そのうち約300人は未成年の子供であった。1978年に何者かに頭部に銃撃を受け、死亡した状態で発見された。

バートリ・エルジェーベト(1560-1614)
ハンガリー王国の貴族。史上名高い連続殺人者とされ吸血鬼伝説のモデルとなった人物である。贅を尽くすことと美貌を保つことに没頭し、召使に対する残虐行為を行った。多くは若い女性に対して行われ、拷問器具を用いた殺人で興奮するなど変態性欲者であったとされる。共犯者数名は死刑となったが、首謀者のエルジェーベト本人は身分の高さがゆえにチェイテ城に生涯幽閉となった。城の屋上には本来であれば死刑になるべきなので、重罪人を意味する絞首台が置かれた。

ヘンリー8世(1492-1547)
テューダー朝第2代のイングランド王、アイルランド卿、のちアイルランド王。王子を手に入れるために6人の妻を娶り、それでも男子に恵まれず2人を姦通罪で処刑し、1人を産褥熱で死なせてしまう。晩年には著しく肥満体型になり、馬上槍試合での古傷の後遺症にも悩み不健康が加速し死亡した。

カトリーヌ・ド・メディシス(1519-1589)
フランス王アンリ2世の王妃。その当時フランス国内ではユグノー(フランスのカルバン派)とカトリックの対立が激化していた。ついにはユグノー戦争の勃発を止めることができず、パリをはじめフランス各地でプロテスタントの大虐殺(サン・バルテルミの虐殺)の主導者となった。失脚後、胸膜炎で死亡したとされている。埋葬されていたものの、約200年後のフランス革命中に、彼女の遺骨は群衆によって集団墓地に投げ込まれてしまった。

牟田口廉也(1888-1966)
日本の陸軍軍人、陸軍中将。盧溝橋事件や太平洋戦争開戦時のマレー作戦、同戦争中のインパール作戦を指揮した。インパール作戦は戦略的にあまり意味がなく、勝算もないまま強行し、多くの将兵を餓死に追い込んだ。晩年、このことについて問われると「私のせいではなく、部下が無能なせいで失敗した。」と頑なに主張した。1966年に気管支喘息・胆六嚢症・心筋梗塞治療中に脳出血を併発して死亡した。兵士たちへの謝罪の言葉は死ぬまでなかったという。

ネロ・クラウディウス・カエサル・アウグストゥス・ゲルマニクス(37-68)
ローマ帝国第5代皇帝。16歳の若さで即位し、当初は市民からも絶大な人気を誇ったがやがてその暴虐な本性を見せ始めた。2人の妻と母親を殺害し、64年に起きたローマの大火の罪をキリスト教徒に着せ、人類史上初めてキリスト教徒の大虐殺を行った。次第に市民の反感を買い、逃亡した。最後は元老院に追い詰められ、自らの喉を剣で貫き自殺した。

最新情報をチェックしよう!

群馬県 塾の最新記事8件

>ヒロ塾長のカウンセリング&いじめ対策アドバイス

ヒロ塾長のカウンセリング&いじめ対策アドバイス

いじめ対策塾【オンライン】心を癒やす塾。ヒロ塾長のカウンセリング&いじめ対策アドバイス。お電話でのお問い合わせ
ヒロ塾長受付センターTEL:050-7103-8447
午前9時〜午後9時(月〜金土日祝もOPEN)

CTR IMG