成績による勉強方法の違い

成績による勉強方法の違い

成績による勉強方法の違い

まず、中学生の場合について説明します。
中学校で平均点が取れていない場合、全く勉強していないか、もしくは勉強のやり方が悪いかのどちらかである可能性が高いです。
そのため、なぜ勉強する必要があるのかを理解してもらうところから始め、次にどのような勉強方法が成績アップにつながるのかを教えます。
すでに良い成績を残せている方に対しては、そのような説明は必要に応じてという程度にとどめ、分からなかった部分の解説が中心となります。

次に、高校生の場合について説明します。
進学校の高校入試に合格できるくらいの力があれば、勉強習慣やモチベーションに関して重大な不備がある可能性は低いでしょう。
そのため、基本的には勉強する意味などの説明をすることはありません。
しかし、教科書や参考書を自力で読むだけでは高校の学習範囲を十分に理解しきれないという方がいると思います。
その場合、塾での時間の多くを分からない部分の説明や定着に割くことになります。
一方、文章を読めば大体のことは理解できるという方であれば、自習がメインとなり、さらに理解度の確認や長期的な勉強スケジュールの把握・調整などをすることになります。

報告する

関連記事一覧

You cannot copy content of this page