小学校の先生からの嫌がらせ

小学校の先生からの嫌がらせ

小学校の先生からの嫌がらせ

小学校の先生からされた嫌がらせで毎回嫌だなと思っていたことがあります。
ホームルームで「〇〇ちゃんの嫌いな理由を話し合いましょう。どうしてあなた達はあの子のことが嫌いなのですか?」という話題を1時間ずっと話し合い、自分の悪口を聞かされることでした。
自分がクラスメイトをいじめた訳でもなく、ただ一方的に気に入らないことを言われるのです。
気に入らない理由の一つには、「悪口を言っているのに私が笑っているから気に入らない」というのもありました。
おそらくその人は今になっても同じような事をしているのでしょうね。
子供を幸せに育てたいと心から思い、学校の先生になった先生ならまともなのかもしれません。
しかし、就職先がなくて学校の先生にしかなれなかった人間にしてみれば、才能豊かな子供というのはとにかく気に入らない対称なのでしょう。

もし私がまた小学校に戻れるとしたら、公立の小学校ではなく私立の優秀な学校に行けばよかったのかなと思います。
残念ながら私の地元は田舎なのでそのような学校はありませんでした。
どちらにせよ選択肢がないので、親に言って学校の先生を管理してもらうしかできません。
ただ、学校の先生に対して頭の悪い親は何を言えるのかなと思うと、おそらく何もできなかったのかなとも思います。
何の解決策も見出せず、家も学校も辛いと感じていた私の唯一の救いは飼っている猫だけでした。
そんな大切な猫を私の親は捨てたこともいじめたこともあります。
「大人になったら復讐してやる」という思いだけで私は小学校の頃自殺を思いとどまりました。

小学校の頃にそれだけの辛い思いをしたけれど、中学校になると多少マシになり、高校になると父親だけが最悪な対象で、大学に入る頃には父親も多少マシになっていました。
ある時から父親も私にちやほやするようになりました。
自分が年を取り、私は成長しいつでも復讐できるようになったからなのか、または人間としての価値が出てきたことで自慢するようになったからなのかは分かりませんが、結果として子供の頃の復讐心は影を潜めていました。
しかし、親戚や周囲の人間の私に対する対応が変わったのはなぜなのかについて、本当の理由を私はまだ理解はしていません。
もし復讐を恐れてちやほやするようになったのであれば、やはり今後の対応は考えるべきなのかなとは思います。

実際、復讐したいとか痛めつけてやりたいという思いはあまりありません。
けれども人間は自らの行ったことに対する償いはするべきであり、そのような機会はどちらにせよいつか来るのかなと思うので、生きていても死んでいても別に私の人生においては何の変化もないのだろうと悟っています。
とは言いつつ、過去のことを思い出すと何度も泣きたくなるし、助けられなかった猫ちゃんたちに対しては本当に申し訳ないという思いがずっとあります。
だから私は死ぬまで猫ちゃんたちを大切にして生きて行こうと思っています。

報告する

関連記事一覧

You cannot copy content of this page